×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

投稿者:xanavi-yuuki


第一回 ぼいちゃ組 耐久レース
 「モタスポエリーゼ IN オータムリンク」


使用車種:ロータス モータースポーツエリーゼ '99
使用コース:オータムリンク(Normal)
決勝レース:22Lap (フォーメーションラップを除く)
トランスミッション:自由
ドライビングアシスト:自由
タイヤ:N1からN3タイヤまでであれば自由

参加者タイヤ&カラーリング
aoking:N3 水色
kouheicivic:N3 赤色
MAXKOTA(N3):N3 黄色
xanavi-yuuki:N3 黒色


【予選】

 このレースのポールポジションを決める予選のルールとして、今回は、30分間の間に10周まで走っても良いということになりました。


 予選がスタートし、各車、タイヤを温めていく中、aokingさんや、kouheicivicさんは、なんといきなりドリフト走行で、一気にタイヤを温めていき、早くも荒れてしまします(笑)。


 そして、2周目に入り、ここからアタックがスタートしたのですが、先頭で走っていたaokingさんが1コーナーでコースアウト!


 さらに、aokingさんの後ろを走っていたkouheicivicさんまでコースアウトしてしまい、各ドライバー、ロータス モータースポーツエリーゼ '99のアンダーステアの強さに悩まされていた感じでした。


 また、なぜか予選なのに、サイド・バイ・サイドでの走行も多発し、波乱の展開となりました。


 3周目で、kouheicivicさんは、前で走っていたMAXKOTAさんを抜いていくと、オータムリンクの高い縁石に乗りながらのハードプッシュで、早くもポールポジションを狙いに行きます。


 さらに、kouheicivicさんは、先頭のaokingさんまでを抜き、クリアな状態でのアタックを行っていきます。


 kouheicivicさんのハードプッシュは誰にも止められませんでした。なんと、6周目に、1分28秒495という驚異的なタイムをマークし、そのままポールポジションを獲得しました。


 aokingさんは、痛恨のコースアウトが2回もあったため、アタックラップを減らしてしまい、厳しい走行となりましたが、終盤に、1分28秒838で、kouheicivicさんに続く2番グリッドとなりました。


 また、最後の10周目で、xanavi-yuukiは、1分30秒431で、MAXKOTAさんの1分30秒721というタイムを上回り、3番グリッドとなっています。





決勝はこちら!!